モラハラ夫と離婚調停して気がついた!やっておいたことが良い事は?

モラハラ夫との離婚は本当に大変です。長期戦になることを覚悟しておいてください。

 

でもあなたには、

「少しでも早く離婚を成立させて欲しい!」

「モラハラ夫から一刻も早く解放されて欲しい!」

そう思ってます。

 

そこで、離婚調停をして初めて気がついた、モラハラ夫だとわかった時点でやっておいた方がいい事を、お伝えしいていこうと思います。

 

こうしておいたら、もっと早く離婚できたんじゃないか?と思うことがあったので、お伝えしますね!

 

離婚調停して気がついた、モラハラ夫とわかったらやっておいた方が良いこと。それはずばり「証拠を集めておく」ということです。

 

具体的には、

・日記を書く
・録音しておく
・写真をとる
・診断書をもらう
・探偵に相談する

をしておくとよかったなと思いました。

 

誰も離婚することを考えて結婚しないですよね。初めからモラハラ夫だとわかっていたら、結婚しなかったかもしれません。

 

夫はモラハラかも・・・と思っても、いきなり離婚!とは考えられないんですよね。
・自分が変わればやり直せる!
・夫が変わればやり直せる!
・子供が生まれればきっと変わる!
などと考えて、「証拠」をあえて取っていないと思うんです。私も夫に違和感を感じつつも、自分が変わればいいんだ・・・と証拠をとっておくことはしなかったんです。

 

モラハラ夫かそうじゃないかを、結婚前に見極めることはものすごく難しいです。あとで思い返せば、あれはおかしかったということに気がつくのですが、その当時の自分は気が付きません。

 

どうして気が付けないのかというと、モラハラ夫は妻を少しずつコントロールしていくからです。

モラ夫
こいつにモラハラしても大丈夫だな・・・・

とモラハラ夫は妻を試します。

 

私たちはちょっとおかしいな?と思っても、自分の中で「そんなことはない」「気のせい」と正当化しているので、気が付きにくいのです。

 

最終的には「私さえ変わればいい」「私が我慢すればいい」ってなるんです。

 

でも・・・・・私は今モラハラ夫と別居して気が付きました。

 

あの時の違和感は間違っていなかった

 

ちょっとでも感じた違和感は、やっぱりモラハラのサインだったなと別居して初めて気がつきました。ひどい暴言や、暴力があっても、夫は普段は優しいから・・・と正当化していました。

 

なので、「なんかおかしい・・・」と少しでも違和感を感じモラハラ夫だと判明したら、

 

証拠を集めておく

 

これをやりましょう!

 

もし、離婚するとなった時に、証拠がないととても苦労することになるので、ぜひ証拠を集めておくということをやって欲しいと思います。私は証拠集めをあまりしていなかったので、とても苦労しました。

 

離婚しないのであれば、それはそれで取っておけば良いので、万が一の保険にと思って証拠を集めておいてください。

 

それでは私がやっておいた方が良かった・・・と思ったのは

・日記を書く
・録音しておく
・写真をとる
・診断書をもらう
・探偵に相談する

です。これらの証拠集めのことについて、この記事で伝えていきたいと思います。

 

モラハラ夫と離婚したい人も、離婚は今のところ考えていないけどという人も、ぜひ証拠集めはしておいて欲しいと思います。

 

それでは具体的に何をしておいたら良かったのかお話しますね。

日記を書く

まずはオーソドックスですが、日記を書いておくのをおすすめします。

 

私は暴力や暴言があった日や、イラッとした出来事があった時にだけ記録していました。感情のままに書いているので、日付や何年なのかが抜けていて、いつ書いたものか特定するのにとても苦労しました。

 

日記を毎日書き続けるって大変だと思うのですが、日常のことも書いておくことも大事だと思います。

 

一言でも、毎日書き続ければ書かないと気持ち悪いというぐらい、習慣になるはずです。

 

TwitterやInstagramなどのSNSや旦那デスノートに書くのも良いのですが、紙のノートや日記帳に書くのがお勧めです。証拠として提出する時も、コピーするだけなので簡単ですよね。

 

文字で残すのがなぜおすすめかと言うと、自分で書いた文字には感情が出るからです。私が感情のままに書いた文字を見ただけで、その頃の感情が蘇ってくるんです。その当時の気持ちを思い出すためにも、実際に書くって大事だなと思いました。

 

こんな感じであらかじめ日付が入っていると、ほんと便利ですよ!

↓ ↓ ↓

 

 

それから、紙のノートや日記とあわせて、やっぱりスマホでも記録しておくのはおすすめです。例えば、壁に穴あけたとか、物に当たり散らしたとか、それこそ殴られて怪我させられたとかは、写真で記録しておいた方がいいですよね!

 

そこでおすすめなのは、日記アプリ「瞬間日記」です。こちらからダウンロードできますよ。無料です!

 

ノートに書いた日記を写真に撮って、瞬間日記にバックアップとして残しておくのも良いかもしれません。万が一日記のノートをモラハラ夫に見つかって捨てられたとしても、バックアップがあれば安心ですよね。

録音する

モラハラの証拠を集めるのは本当に難しいです。できたら録音することをおすすめします。とはいえ、モラ夫は予想もしていないところで、突然キレたりするので録音は難しいかもしれません。

 

それでも、いつでも録音できる準備ができているのと、できていないのでは違うと思うので、準備はしておいた方がいいと思います。

 

スマホは肌身離さず持っていたので、録音アプリが便利でした。

 

私も利用していた一押し録音アプリはこちらです。録音するときに「ピコン」とか音も出ませんよ!スマホをポケットやバッグの中に入れていても、結構鮮明に録音できていました。

 

レコーダーアプリ「PCM録音」のダウンロードはこちらからどうぞ。こちらも無料です!

 

こんな小さいボイスレコーダーもあるので、常にポケットに入れておいてもいいかもしれませんね!

↓ ↓ ↓

 

 

スポンサーリンク

写真を撮る

日記のところでも触れましたが、写真を残しましょう!私は写真を撮らなかったので、本当に後悔しています。モラ夫は「証拠出せ!」って必ず言ってきますからね。

 

例えば、モラハラ夫が暴れて、ものが散乱したところ。イラついて壁に穴をあけたところなど、写真を撮っておきましょう。暴力を振るわれて怪我をしたら、迷わず怪我をした証拠写真を残しましょう。

 

モラハラな内容のLINEや、メールの内容もスクショして写真に保存です!

 

スマホの写真がいっぱいになったり、機種変したりしたときにはバックアップ取っておくと便利ですね!

こちらおすすめですよ!

↓ ↓ ↓

 

診断書をもらう

暴力で怪我をして病院に行った、心療内科に相談に行った、ストレスからなんらかの症状がでて病院に行ったなどという時には、必ず診断書をもらいましょう。

 

診断書までは・・・と思う時には、診察の領収書でかまわないので必ず取っておきましょう。日記に領収書を貼っておくのも良いかもしれませんね。

 

私も心療内科に相談に行ったり、まぶたの痙攣が治らなくて病院に行ったことがありました。その当時、領収書を取っておくという考えが全くなく、保管していなかったのです。いくら病院に行ったと言っても、客観的な証拠がないと誰も信用してくれません。

 

モラ夫にも病院に行ったなんて嘘だ!証拠を出せ!と言われました。

 

なので、診断書をもらったり、領収書を保管しておくのは必ずしてくださいね!

探偵に相談する

結婚生活も長くなれば、一度や二度は夫が浮気をしているんじゃないか?と思うこともありますよね。モラハラ夫は浮気をしている可能性もあるかもしれません。外面はいいですからね。

 

そんな時は探偵に相談するのも一つの手です。これも証拠集めのためには、やっておくことをおすすめします。

 

あのとき探偵にしっかり相談しておけば良かったと思うことがあったので、私は探偵に相談することもおすすめします。何もなければそれでいいし、何かあれば証拠になりますからね。

 

こちらの記事でも探偵についてはまとめていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

まとめ

私が調停して気がついた、モラハラ夫だと判明したらやっておいた方が良い事をお伝えしました。
・日記を書く
・録音する
・写真を撮る
・診断書をもらう
・探偵に相談する
これらはやっておいて損はないです。モラハラ夫との離婚は本当に大変です。証拠を出せ!っと絶対言ってきます。

 

特にモラハラな言動は証拠がありません。証拠が残らないのをいいことに、妻を追い詰める卑怯な人です。

 

妻や子は傷ついているのに、「暴言も暴力もしていない」と平気で嘘をつきます。そして、俺様は離婚をされる筋合いはない!と本気で言ってきます。

 

普通の結婚生活を送っていたら、こんな証拠を集めるなんてしませんよね。でも、モラハラ夫は本当に卑怯な手を使って追い詰めてくるんです。だから、モラハラ夫だと思ったら、これらの証拠集めを是非やってみてください。いつの日か役に立つ日がくるかもしれません。

 

準備をしておくに越したことはないですよ!早くモラハラ夫と離れるためにも、ぜひ!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事