モラ夫との別居を決心するまで 10年かかりました

私はモラ夫との別居を決心するまでに
10年もかかりました。

 

モラハラに悩んでいる人は
とっても孤独です。

 

「男なんてそんなもの」
「我慢が足りないんじゃない」
「うちもそんな感じだよ」

 

と周りから
心ない言葉をかけられたり、

 

「あんな優しそうな旦那さんが?」

 

と理解してもらえなかったり。

 

「離婚すればいい」と思っていても
簡単に離婚に踏み切れないものです。

 

私もそうでした。

 

別居するチャンスは
いくらでもあったのに
自分の気持ちをごまかして
先延ばしにしてきました。

 

そのおかげで自分自身だけでなく
大切な子供達もおかしくなりました。

 

モラハラ体験をシェアすることは
当時を思い出すのでとても辛いです。
でも、多くの妻達がモラ夫はおかしいんだ!
って気づいて欲しいです。

 

残念ながらモラハラは治りません。
逃げるのが一番です。

 

私がモラハラという言葉を知って
別居するまでに体験したことを
赤裸々に公開して行こうと思います。

 

結婚前の違和感

今思えば結婚前にいくつか違和感を感じていたんです。
当時は気が付きませんでした。

 

見て見ぬ振りというか、
「好きフィルター」
が強力だったんだろうと思います。

 

ある日デートの約束をしていました。
待ち合わせ場所で
ワクワクしながら
モラ夫を待っていました。

 

ところがやってきたモラ夫は
あきらかに機嫌が悪いんです。

 

私が明るく振る舞っても
ずっと機嫌が悪かったです。

 

その日別れ際に
私も納得行かなかったので、
聞いたと思います。

 

「私何かした?」

「は?そんなのもわからねえのかよ。」

 

冷たく言われました。

 

私はつい「ごめん」
と謝ったと思います。

 

その時きっとモラ夫は
思ったでしょう。

 

コイツならコントロールできる。

 

当時は好きの気持ちが大きかったので
ご機嫌取るようなことをしてしまいました。
これが終わりの始まりとも知らずに・・・

 

入籍

 

違和感は感じつつも
頼りになるところもあって
結婚を決意してしまいました。

 

今思えば、モラ夫の母=モラ母の方が
モラハラ度が強烈すぎて
モラ夫のモラハラが
見えなかったんじゃないかと
思っています。

 

モラ母についてはまた別に書いていこうと思います。

 

結婚生活

私自身が母子家庭で育ったので、
父親がいなくて嫌な思いもしました。
今ほど離婚が当たり前でもなかったですし。

 

なので結婚したら、
離婚はしたくないと思っていました。
子供達には私のように嫌な思いをして欲しくない。
子供には父親が必要。

と信じていたんです。

 

だからモラハラにも
耐えてしまったのかもしれません
さらにモラ夫の一言で
私は支配されていきました。

 

上の子が3歳、下の子が1歳の頃
何がきっかけか覚えていませんが
喧嘩になりました
そこでモラ夫が放った言葉
いまでもあの時の状況を
鮮明に覚えています

 

子供も金も全部置いて出ていけ

 

頼れる実家もない
お金もない私には
強烈すぎる一言でした。

 

出て行こうともしましたが
子供達を置いてなんていけない
大事なこの子達を見放すなんて
できない・・・

 

夫の言うことを聞くしかない
私が謝ればいいんだ
私の心がモラ夫に支配された日でした
もうモラ夫には逆らえない
そう思ってしまったのです。

モラ夫の奴隷

「何もかも置いて出ていけ」

と言われてから
私はさらにモラ夫の機嫌を
伺うようになりました。

 

そのストレスか
子供達にもきつく当たることも
ありました。

 

当時モラ夫が撮ったビデオには
上の子が「ママきらい」と
言ってるのがありました。
でも撮ってるモラ夫は笑って
「きらいよねー」って同調してました。

 

モラ夫の機嫌を損ねると
何が起きるかわかりません。
それでも私もどうしても嫌なことがあれば
反論していました。

 

当時1人で3歳と1歳の子育て。
今で言うワンオペ育児です。
私は毎日疲れ切っていました。
寝れる時は少しでも寝ていたい。
でもモラ夫はセックスできないと
機嫌が悪いんです。

 

ある日、
「断るんじゃねー!」と言いながら
壁を殴り穴を開けました。
子供達ももちろん見ていました。

 

ちなみに壁に穴開けたのは
賃貸マンション
退去の時に説明したのは私
「家具がぶつかっちゃって・・・」
不動産屋さんわかっていたでしょうね。

 

こうしてキレるとやばいヤツ
と言うのを植え付けられていったんです。
怒らせないように
反論しないように
私はモラ夫の奴隷となっていくのでした。

 

モラハラと知った日

 

壁に穴あけ事件あたりまで
私はモラハラと言う言葉を知りませんでした。
ある日ネットで夫の言動について調べました。

 

モラハラ・・・
あてはまることばかり。
だから理不尽な態度取るんだ。

 

病名がわかったようで
安心した気がします。
安心からか、涙が止まりませんでした。
正体がわかれば
対処する方法もあるだろうと思いました。

 

でも、
それがさらなる悲劇の始まりでした。

 

モラ夫物にあたる

モラハラと正体がわかったものの
モラハラが治るどころか
ひどくなるばかり。

 

機嫌が悪いと
物に当たりました。

 

ゴミ箱を蹴る
ものを投げる
犬のゲージを蹴る

 

手がつけられません。

 

あまりに大暴れをするので
一度、子供と逃げたこともあります。
しばらくして戻ると、
何事もなかったかのように
テレビを見ていました。

 

「ごめん」の一言もありません。
それでも機嫌が治っているなら
安心なので、そのままにしてました。

 

モラ夫の理不尽な態度を
モラ夫の親族に相談したこともあります。

 

でも返ってきた言葉は、
・男なんてそんなもんよ
・子供も大きくなればそんなの忘れるから
なんの助けにもなりませんでした。

 

モラ夫の暴力

モラ夫は暴力もふるいました。

 

ただ、暴力と言っても
怪我になるほどではないし、
日常的ではなかったんです。

 

私が反論した時に
「てめぇ何様のつもりだ!」
「なんだその目は!」
と言いながら平手打ち。
髪をひっぱる、
突き飛ばす、
物を顔に向けて投げてきました。

 

そして最後にモラ夫はこう言います。

 

「お前が俺を怒らせるんだ」

 

私が悪いんだ・・・
私は言うことを聞こう・・・・
どんどん自分を押さえ込んで行きました。

 

モラ夫の親族に相談したこともあります。
でも、返ってきた言葉は

 

「私も殴られてる」
「そんなもんよ」

 

モラ夫に言おうか?とも言われましたが、
告げ口したことがわかったら、
モラ夫にどんな仕返しをされるか怖くて
言わなくて良いといってしいまいました。

 

もう恐怖で支配されていくばかりです。

 

子供への影響

 

モラ夫は子供の扱いは上手でした。
ただ、モラ夫の思い通りに遊びます。
だから子供を容赦無く泣かしたりしていました。

 

小学校3、4年生ぐらいにもなれば、
子供も自分の意見を言うようになります。

 

それをモラ夫は脅しと恫喝で
一掃しました。

 

「てめぇ、俺に歯向かうんか!」

 

家の中の雰囲気は最悪です。
ビクビクする母。
暴れる父。

 

子供たちのストレスも半端なかったと思います。
この頃のことは謝っても謝っても
謝りきれません。

 

子供達はいつしか大人になることに
夢を持たなくなりました。

 

私が一生懸命いろんな体験をさせてあげたくても、
モラ夫が尽く潰していくんです。

 

私もモラ夫の暴力や暴言が怖くて
言いなりになっていました。

 

家庭でのことがストレスだったと思います。
子供達は学校でもキレていました。
家を出ているのに学校にきていません
と言うことも何回もありました。
お友達とのトラブルも絶えませんでした。

 

ある日、学校に行こうとしない上の子を
モラ夫は殴りました。
家出をしても家に入れるなと言われました。
上の子は心が壊れました。

 

下の子も学校に行けない時、
モラ夫は殴ろうとしました。
下の子までダメになる。
私は必死に止めました。

 

それを見た上の子は
なんで自分だけ守ってくれないんだと
どんどん病んでいきました

 

それでもなんで離婚しなかったのか・・・

 

やっぱり経済的な不安が大きかったんです。
実家に頼れない、子供3人抱えて
私一人でやっていけるのか。

 

モラハラといっても日常ではない。
お金も自由に使える。
それなりに裕福な暮らしでした。

 

それよりもモラ夫と
うまくやって行こう
私さえ我慢すればいい。

 

そう言い聞かせていたんです。

 

でも、コップの水は
すでに溢れそうでした・・・

 

別居を決心

なんとか自分の気持ちをごまかし
やってきましたが、
別居を決心しました。

 

最大の理由はやはり子供です

 

子供がある夢を叶えたいと
モラ夫に相談しました。
それにはお金がかかります。

 

子供にはOKを出しておきながら、
私には金はどうするんだ、
勝手に進めるなら
無条件で離婚すると誓約書を書け!
と言われました。

 

この人は子供のことなんて
なにも考えていない。
そう思いました。

 

夢を壊された子供は
泣いていました。
なんでいつもこうなの・・・

 

一番下の子にも変化が出てきました。
妙に明るくモラ夫に接していました。

 

この子もダメになる。
こんな小さい心に
こんな思いさせたらダメだ。

 

そう思いました。
もう限界でした・・・

 

新居に引っ越したばかりでしたが、
こんな家いらない。

 

そう思い、離婚に向けて
動き出しました。

まとめ

結婚前から違和感を感じつつも、

優しい時もあるし・・と自分をごまかし

結婚してしまいました。

そして別居を決意するまで10年という

長い年月がかかってしまいました。

 

別の記事では実際に別居する際に

どのように動いて行ったかをお伝えしようと思います。

 

家探しから引越しについてはこちら!

↓ ↓ ↓

おすすめの記事