モラハラ夫と別居を迷っているあなたへ!別居して良かった3つのこと!

もう無理
離婚したい
でも不安だらけ
経済的にも不安
働きながら1人で子育てできるのか不安
子どもに父親がいなくていいのか不安

夫のモラハラに我慢しきれなくて、離婚したいと思っても、不安の方が大きくてなかなか離婚に踏み切れませんよね。離婚するとなると色々と考えてしまって、そう簡単には決心がつかないと思います。10年前の私がそうでした。

 

離婚の前にまずは別居しなさいと、相談した弁護士や夫婦カウンセラーには言われたのですが、別居さえもなかなか決心がつきませんでした。私は別居に踏み切るまで10年もかかってしまったんです。

 

詳しく読みたい方はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

 

でも、離婚のために別居したことに後悔は全くしていません。それどころか、なんで10年も我慢していたんだろう。もっと早く別居するべきだったと、早く決心できなかった自分に腹が立ちました。

 

いくら我慢しても、モラハラなおりません。自分や子どもの人生を犠牲にしないために、さっさと別居しましょう!

 

離婚のために別居したいあなたへ!私が別居して良かった!と心から思った3つの事をお伝えしたいと思います。この記事を読めば、きっと別居の決心もつくはずです。最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

家の中で怯えなくて良くなった

別居して良かったと心から思った事、まず1つめは「家の中で怯えなくて良くなった」です。

 

モラ夫との結婚生活は、まるで戦場です。常に見えない地雷を一生懸命探してました。機嫌がいいなと思って、ちょっと油断をすると、実は地雷を踏んでしまって、急に機嫌が悪くなったりします。

 

常に背後にも全神経を集中していました。なぜかというと、モラ夫は後ろから急に下半身を押し付けてきたり、胸を触ったりしてくるからです。完全にセクハラですよね。

 

最初はやめてと言っていましたが、「何が嫌なんだ!」とこちらの嫌がる事を全く理解せず、逆ギレです。

 

キレたら最後。物に当たる、怒鳴る、最悪殴られます。

 

いつしか玄関の鍵が開く「ガチャ」っていう音で、一気に家の中の空気が張り詰めるようになりました。

 

なので、別居して新居に荷物を全部運び入れたとき「これで怯えなくていいんだ!」と思いました。全身の力が抜けたような気がしましたね。

笑顔になれた

別居して良かったと心から思えたことの2つめは、「笑顔になれた」ことです。

 

モラ夫との結婚生活が長くなると、いつしか笑顔を忘れてしまいました。

 

私が楽しい思いをすると、モラ夫は必ず機嫌が悪くなるからです。機嫌が悪くなると、物に当たる、暴言、最悪暴力のお決まりコース。私は楽しんじゃだめなんだと学習したんです。

 

笑顔になれば必ずどん底に突き落とされる。この精神的な落差がつらくて、いつしか笑顔でいられなくなりました。感情を表現しない方が楽だなと、思ってしまったんです。

 

でも、別居したら自然に笑顔になれました。子どもとも大声で笑えました。子どもと一緒にどこか出かければ、楽しい気分のまま家に帰ってこれるんです。機嫌が悪くなる人がいない生活ってこんなに「笑顔になれるんだ!」と本当に心から嬉しかったです。

 

こんな当たり前の事ができない生活だったんだなと、モラ夫との結婚生活の異常さを感じましたね。

 

別居後少しして会ったママ友には「表情が優しくなったね」と言われ、少しずつ自分を取り戻してきてるんだろうなと感じました。

スポンサーリンク

生きたいと思えるようになった

別居して良かったと心から思える事の3つめは「生きたいと思えるようになった」ことです。

 

モラ夫のモラハラがひどい時、私の自尊心はズタボロでした。人としても母親としても、けなされて私なんかいない方がいいんじゃないか?私は子どもにとっても最悪の母親だから、私だけがこの家から出ていけばいいんじゃないか?と考えるようになっていました。

 

そして私は消えたいとさえ思っていました。自殺じゃ子どもたちの記憶にのこるから、存在を消したい。煙みたいにふっと消えたい。今まで私と関わってきた全ての人の記憶から私を消して欲しい、辛すぎて本気でそう思っていました。

 

だからいつ死んでもいいや。どうせ誰も悲しまない。病気になってもいいや。と自暴自棄になっていました。

 

でも、別居したら私が死ぬわけにはいきません。子どもたちをしっかり育てなきゃいけないからです。子どもたちのために生きなきゃいけないのはもちろんですが、段々と自分自身の人生を取り戻したいなと思い始めました。

 

自分がやりたいと思うことに挑戦したい!自分が会いたいなって思う人に会いに行きたい!自分が行きたいとおもうところに行ってみたい!と、前向きに考えられるようになったんです。

別居を迷っているあなたへ

モラ夫との結婚生活が辛い。

でも子どもから父親を奪っていいのだろうか・・・

私1人で子どもを育てていけるだろうか・・・

生活していけるのだろうか・・・

もし別居したらモラ夫から仕返しされないだろうか・・・・

そんな不安もあるかと思います。

 

でも別居するだけで、心が解放されました。今までどれだけ我慢してきたんだろうと思いました。モラ夫との結婚生活で、私は見えない鳥かごに閉じ込められている感覚でした。私は奴隷なんだ、反論しちゃダメなんだとじわじわと洗脳されていくんです。モラ夫は暴言や暴力で妻を支配していきます。

 

「離婚してもどうせお前が1人でやっていけるはずはない」といつの間にか、刷り込まれているんです。

 

でもそんなことはないですよ。もしあなたの夫がモラ夫と分かったら、今すぐにでも別居して欲しいです。なぜなら、あなたにも子どもにも悪影響でしかないからです。子どもが小さければ小さいほど、子どもへの影響も少なくてすみますよ。

 

経済的な心配もありますが、それよりも子どももあなたも心が傷つけられる方が、よっぽど心配です。

 

心が健康なうちに、傷が浅いうちに逃げてください。

 

別居初日、無事に引越しが終わった後、子どもたちと引越し段ボールに囲まれて、夕飯を食べました。まだ料理はできないから、お弁当を買ってきたんですけど、普段食べてたお弁当と同じなのに、とっても美味しく感じました。

 

私は自由になったんだ!って実感した日でした。

 

モラ夫との離婚はスムーズにはいきません。別居してからも大変ですが、精神的にはものすごく楽ですよ。誰と一緒に生活するか?って大事なことなんですね。モラ夫との結婚生活で、当たり前なことも忘れてしまっていました。

 

別居しようか迷っているあなたへ!別居して後悔はありません。不安は色々あるかと思いますが、モラ夫はなおりませんから。子どものためにも、自分のためにも、自分らしい人生を送って欲しいなと思います。一緒に頑張りましょう!

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事